朱雀行政書士事務所の料金案内


当事務所では、お客様にわかりやすい料金設定を心掛けています。料金表の下に料金をお見積りする際のご相談例を載せておりますので、料金の目安として参考にされてください。

 

・表示価格は全て税抜き価格です。

・官公署(役所)で支払う書類取得手数料や 

 手続きにかかる印紙税等は別途実費をいた

 だきます。

・公正証書遺言の作成には公証役場手数料がかかります。

・できる限りお客様に安心して利用していただきやすい価格

 を目指しております。

遺言原案作成料金表(遺産総額によって料金設定しています。)


遺 産 総 額

   料    金

 5,000万円以下            30,000円
 5,000万円以上1億円以下            50,000円
 1億円以上3億円以下            80,000円
 3億円以上             100,000円

相談料、相続人・財産調査等料金表


内    容        

料    金

電話・申込フォームからの相談          無   料
面談でのご相談     初回無料 2回目以降、1回3,000円 
提案書・御見積書作成                無   料
公正証書役場への遺言検索            1,000円

戸籍謄本・住民票取得(1名につき)

           2,000円

印鑑証明書の取得(印鑑証明書カードを預かる場合)

           2,000円

不動産調査・確認(一市町村につき)

           2,000円

不動産の登記事項証明書取得(一筆、一建物につき)

           1,000円

預金・証券残高調査(各銀行・各証券会社につき)

           2,000円

遺産調査(各銀行・各証券会社につき)※不明な場合

         10,000円

財産目録作成(一件につき)

           1,000円

遺言執行者への就任             20,000円
公正証書遺言作成時の公証人との打合せ             20,000円
公正証書遺言作成時の証人(1名につき)             10,000円
公正証書遺言書の保管(1年につき)             10,000円
遺言執行者就任後の相続お手続き         遺産総額の2%
遺留分減殺請求サポート         成功報酬の2%

 

 

ご相談例1

子供さんがおられないご夫婦からの相談。ご主人にはほとんど交流がない遠方に住む弟がいて、遺産分割協議になると心配なので、妻に自分名義の自宅の土地建物、銀行預金の全財産を妻に相続させる内容の公正証書遺言を作成したいとのご相談。(遺産総額5,000万円:自宅、自宅の土地、銀行預金が財産)

 

        妻へ 自宅土地、建物(評価額合計4,000万円)・A銀行預金1,000万円

       

 自宅土地、建物の固定資産評価証明書、不動産の登記事項証明書、戸籍謄本等すべての書類がそろっており、公正証書遺言を作成する際に必要な証人1名もご自分で知人の依頼され、遺言執行者の就任だけ当事務所へご依頼された場合。

 

(朱雀行政書士事務所へお支払いいただく料金)

  ●公正証書遺言原案作成料金         30,000円

  ●公証人との打合せ             20,000円

  ●遺言執行者への就任            20,000円

                      合計額① 70,000円

(書類取得時にかかった実費費用)

   ●なし

                      合計額②     0円

                                      

   合計額①、②を合計して消費税を乗じた金額が費用になります。

   最終的にお支払いいただく費用は 70,000円×消費税1.08=75,600円  となります。

 

(公証役場への手数料)

  正確な見積額は公証役場で作成されます。

  遺言公正証書手数料については、久留米公証役場のHPを参考にされてください。

       ※クリックしてください➡遺言公正証書手数料について(久留米公証役場のHPより)

      

  ● 妻  自宅土地、建物(目的価格4,000万円)・A銀行預金1,000万円  29,000円 

        ●目的価格の合計が1億円未満の場合の加算額             11,000円

  ●公正証書の正本・謄本料金                     約3,000円

                                                                               公証役場へ支払う手数料合計額 約43,000円

     ※祭祀財産の継承等、遺言の内容によって上記に別途手数料が加算される場合があります。

 

内   容 金  額
朱雀行政書士事務所料金   75,600円
 公証役場手数料 約43,000円
ご相談例1でかかる費用合計額  約118,600円

ご相談例2

自分が亡くなった後、残された妻が困らないように妻に法定相続分ではなく、多めに財産を相続させたい。また、近くに住んでいる長女にも妻のお世話をしてもらう予定。そのため妻と長男、長女の合計3人に次のように相続させる遺言書を公正証書遺言で作成したいとのご相談。長男の遺留分を侵害するが、長男には遺留分を請求しないようにお願いする附言内容の遺言を作成する。万が一、遺留分を請求する場合は長女へ相続させる財産からすべきとする内容の遺言を作成する(遺産総額3,300万円:自宅、自宅の土地、証券会社、銀行預金が財産)

 

        妻へ 自宅土地、建物(評価額合計2,000万円)・A銀行預金500万円

       長男へ B証券会社口座残高300万円

       長女へ C銀行預金500万円

       

 自宅土地、建物の固定資産評価証明書が手元にあり取得する必要がなく、不動産の登記事項証明書の取得と戸籍謄本、印鑑証明書の取得(印鑑カード預かり)を当事務所にご依頼していただき、公正証書遺言を作成する際に必要な証人1名を手配し、遺言執行者へ就任した場合。

 

(朱雀行政書士事務所へお支払いいただく料金)

  ●不動産登記事項証明書取得    1,000×2件=2,000円

  ●戸籍謄本3通取得        2,000×3名=6,000円

  ●印鑑証明(遺言者分1通)取得    2,000×1名=2,000円

  ●公正証書遺言原案作成料金         30,000円

  ●公証人との打合せ             20,000円

  ●公正証書遺言作成時の証人1名分      10,000円

  ●遺言執行者への就任            20,000円

                     合計額① 90,000円

(書類取得時にかかった実費費用)

  ●不動産登記事項証明書2通     600×2通=1,200円

  ●戸籍謄本3通           450×3通=1,350円

  ●印鑑証明1通           300×1通=   300円(取得先によって金額が異なります)

                      合計額②  2,850円

                                      

   合計額①、②を合計して消費税を乗じた金額が費用になります。

   最終的にお支払いいただく費用は 92,850円×消費税1.08=100,278円  となります。

 

(公証役場への手数料)

  正確な見積額は公証役場で作成されます。

  遺言公正証書手数料については、久留米公証役場のHPを参考にされてください。

       ※クリックしてください➡遺言公正証書手数料について(久留米公証役場のHPより)

      

  ● 妻  自宅土地、建物(目的価格2,000万円)・A銀行預金500万円  23,000円 

  ●長男 B証券会社口座残高300万円                   11,000円

  ●長女 C証券会社口座残高500万円                   11,000円

        ●目的価格の合計が1億円未満の場合の加算額             11,000円

  ●公正証書の正本・謄本料金                     約3,000円

                                                                               公証役場へ支払う手数料合計額 約59,000円

     ※祭祀財産の継承等、遺言の内容によって上記に別途手数料が加算される場合があります。

 

内   容 金  額
朱雀行政書士事務所料金 100,278円
 公証役場手数料 約59,000円
ご相談例2でかかる費用合計額  約159,278円

ご相談例3

妻も子供もなく、両親も兄弟姉妹も亡くなってしまって、身寄りがない方からの相談。長年世話になった友人へ財産を残した上でお葬式や飼っていたペットのお世話など自らの死後に想定される手続き等をお願いしたい。そこできちんと公正証書遺言書を作成し、自分の希望が実現できる遺言を作成したい。(遺産総額1,000万円:銀行預金が財産)

 

        友人へ D銀行預金 1,000万円

       

 自宅土地、建物の固定資産評価証明書、不動産の登記事項証明書、戸籍謄本等すべての書類がそろっており、公正証書遺言を作成する際に必要な証人1名の手配と遺言執行者の就任だけ当事務所へご依頼された場合。

 

(朱雀行政書士事務所へお支払いいただく料金)

  ●公正証書遺言原案作成料金         30,000円

  ●公証人との打合せ             20,000円

  ●公正証書遺言作成時の証人1名分      10,000円

  ●遺言執行者への就任            20,000円

                      合計額① 80,000円

(書類取得時にかかった実費費用)

   ●なし

                      合計額②     0円

                                      

   合計額①、②を合計して消費税を乗じた金額が費用になります。

   最終的にお支払いいただく費用は 80,000円×消費税1.08=86,400円  となります。

 

(公証役場への手数料)

  正確な見積額は公証役場で作成されます。

  遺言公正証書手数料については、久留米公証役場のHPを参考にされてください。

       ※クリックしてください➡遺言公正証書手数料について(久留米公証役場のHPより)

      

  ● 友人  D銀行預金1,000万円                     17,000円 

        ●目的価格の合計が1億円未満の場合の加算額             11,000円

  ●公正証書の正本・謄本料金                     約3,000円

                                                                               公証役場へ支払う手数料合計額 約31,000円

     ※祭祀財産の継承等、遺言の内容によって上記に別途手数料が加算される場合があります。

 

内   容 金  額
朱雀行政書士事務所料金       86,400円
 公証役場手数料   約31,000円
ご相談例3でかかる費用合計額  約117,400円